NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

SDGs for All

SDGs for All is a joint media project of the global news organization International Press Syndicate (INPS) and the lay Buddhist network Soka Gakkai International (SGI). It aims to promote the Sustainable Development Goals (SDGs), which are at the heart of the 2030 Agenda for Sustainable Development, a comprehensive, far-reaching and people-centred set of universal and transformative goals and targets. It offers in-depth news and analyses of local, national, regional and global action for people, planet and prosperity. This project website is also a reference point for discussions, decisions and substantive actions related to 17 goals and 169 targets to move the world onto a sustainable and resilient path.

 Photo: Omid, ten months malnourished child suffering from pneumonia is treated in Mofleh Pediatric Hospital in the province of Herat province, west of Afghanistan on January 29, 2019. © UNICEF/UN0280720/Hashimi AFP-Services【ニューヨークIDN=ショーン・ブキャナン】

肺炎は予防可能な疾病であるにも関わらず、昨年は39秒に一人に相当する80万人以上の5歳未満の子どもが命を落とした。しかし、最新の分析によると、引き続き肺炎対策に割り当てられる資金不足から、子供たちの生存率は改善できていない。

国連児童基金(UNICEF)が、WHO(世界保健機関)および母子疫学推計グループ(MCEE)の中間推定値と2018年の子どもの死亡率推計に関する国連の機関間グループ推定値に基づいて9月に発表した分析報告によると、亡くなった子供の大半が2歳未満であり、約153,000人が生後1か月以内の新生児が命を落としている。

Image: Geneva Conventions of August 12, 1949 and the Protocol Additional adopted in 1977. Source: history.com【ジュネーブIDN=レネ・ワドロー】

トルコ軍が「安全地帯(国境沿い東西約600km×幅30~40kmの地域)」と称するシリア東北部に越境侵攻し、とりわけ同軍の支援を得たシリア民兵組織による残虐行為が明らかになる中、国際人道法の尊重という問題が、急速に浮上している。名目上は、あらゆる国の正規軍が、1949年8月12日のジュネーブ諸条約と1977年に採択された同議定書の規則について周知されていることとなっている。

1949年にジュネーブ諸条約が起草・採択された際、戦時捕虜と民間人の保護に関する規則を相当に詳しく書き込むことが可能であった。とりわけ、ジュネーブ共通3条(4本の条約に共通する条文)は「各紛争当事者は、少なくとも次の規定を適用しなければならない:敵対行為に直接に参加しない者は、どのような状況下にあっても、人種、肌の色、宗教若しくは信条、性別、門地若しくは貧富又はその他類似の基準によるいかなる不利益を受けることなく、人道的に待遇しなければならない」と規定している。

Photo: Mother in shreds of clothing with child begging on the streets of Calcutta during the Bengal famine of 1943 (left), and a family on the sidewalk in Calcutta during the Bengal famine of 1943 (right). Source: Wikipedia【ニューデリーIDN=マニッシュ・アプレティ、ジャイネンドラ・カーン】

数字を扱うことにはマイナスもあり、他の領域での満足を得ようと考える者が出てくるかもしれない。20世紀で最も影響力のあった詩人(=後のノーベル文学賞作家T.S.エリオット)が、ロンドンの厳格なロイズ銀行の植民地外務部に勤めていた1922年に『荒地』を著したことは不思議ではない。

他に思い付く事例と言えば、ピーター・ボーン氏だ。彼は叩き上げの会計士であり、ウェリングバラ地区選出の保守党国会議員である。2018年11月、(かつての英国の植民地である)インドがどのように国家予算を使うべきかについて明け透けに語り、反発を招いた。ボーン議員の(時代錯誤的な)発言は、有名な格言の一つ「パル・アップデシュ・クシャル・バフテーレ(他者に教えを垂れる前に、自らそれを実践せよ)」を思い起こさせるものだ。

Photo credit: UN.【ニューヨークIDN=J・ナストラニス】

国連の機能を脅かす財政難によって複雑化する様々な危機が進行する中で、国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、国連の死活的な重要性を強調する計画を発表した。「2020年は、国連創設75周年の一環として『私たちが望む未来』の構築にグローバルな協力が果たす役割に関する大規模かつ包摂的なグローバル対話に焦点を当てることになるだろう。」とグテーレス事務総長は語った。

「『国連デー』は、74年前に発効した国連憲章の不朽の理想を記念する日です。荒れ狂う海のような世界の中で、国連憲章は依然として私たちをつなぎとめる道徳的な錨(いかり)の役割を果たしています。」とグテーレス事務総長は強調した。

사진: 1943년 벵골 기근 당시 캘거타(Calcutta) 거리에서 찢어진 천 속에서 아이와 함께 구걸하는 여성(왼쪽), 1943년 벵골 기근 당시 캘거타 길가에 있는 한 가족(오른쪽) 출처: Wikipedia

매니시 어프리티(Manish Uprety) F.R.A.S.와 제이넨드라 칸(Jainendra Karn)의 기고문 *

뉴델리(IDN) – 숫자를 다루는 일을 하다가 큰 영향력을 행사하거나 인생이 바뀌는 경우가 있다. 지난 세기 가장 영향력 있는 시인은 런던에 소재한 엄격한 영국 은행인 로이즈(Lloyd’s )의 대외거래 부서에서 착실히 근무하다가 1922년에 <황무지(The Waste Land)>를 썼다.

다른 한 경우를 들자면 전문 회계사 겸 영국 보수당 웰링버러Wellingborough) 및 러시덴(Rushden) 지역구 국회의원인 피터 본(Peter Bone)인데. 그는 인도 공화국이 재원을 어디에 어떻게 쓰야 하는가에 대해 솔직히 피력하다가 2018년 11월에 영광을 얻었다. 후자의 경우는 유명한 힌디어 속담 “말보다 실천이다(Par Updesh Kushal Bahutere)를 떠올리게 한다.

Photo: A woman dressed in blue rides a white donkey through open vast terrain surrounded by mountains. Credit: UN.【ニューヨークIDN=サントー・D・バネルジー】

2008年10月15日に初めての「農村女性のための国際デー」が持たれて以来、先住民族を含めた女性や女児が、農業や地域開発を改善し、食料安全保障を強化し、貧困を根絶する上できわめて重要な役割を果たしているという点に関しては、衆目の一致するところだ。

実際、国連総会が2007年12月18日の決議62/136でこの国際デーの新設を決定した際、「各国、地域、グローバル規模のそれぞれの開発戦略において、先住民族女性も含め、農村の女性の環境を改善することに優先順位を置くよう」呼びかけている。

Photo credit: UN.

Por J Nastranis

NUEVA YORK (IDN) - En medio de múltiples crisis agravadas por la escasez de fondos que amenazan el propio funcionamiento de las Naciones Unidas, el secretario general de la ONU, António Guterres, ha anunciado planes que hacen hincapié en la trascendental importancia de este organismo. La conmemoración del 75º aniversario de las Naciones Unidas en el año 2020, dijo, incluirá la conversación mundial más grande e inclusiva sobre el papel de la cooperación mundial en la construcción del futuro que deseamos.

Photo credit: UN.

作者:J Nastranis

纽约(IDN)- 在结合了缺乏资金等威胁到联合国的正常运转的多重危机中,秘书长安东尼奥·古特雷斯(António Guterres)宣布了彰显这家世界性机构的重要意义的行动计划。他说,为纪念2020年联合国成立75周年,将展开一场大型的包容性全球对话,讨论全球合作在建设我们想要的未来中的作用。

联合国日强调了74年前生效的《宪章》的持久理想。在波涛汹涌的全球海洋中,《宪章》仍然是我们共同的道德支柱,”他强调。

Photo credit: UN.

जे नेसत्रनिस द्वारा

न्यूयॉर्क (IDN) -संयुक्त राष्ट्र के कामकाज की धमकी देने वाले धन की कमी से कई संकटों के बीच,महासचिव एंटोनियो गुटेरेस ने विश्व निकाय के अतिआवश्यक महत्व पर जोर देने वाली योजनाओं की घोषणा की है। उन्होंने, 2020 में संयुक्त राष्ट्र की 75वीं वर्षगांठ की स्मृति में, कहा कि हम चाहते हैं कि भविष्य के निर्माण में वैश्विक सहयोग की भूमिका में एक बड़ी और समावेशी वैश्विक बातचीत की सुविधा हो।

"संयुक्त राष्ट्र दिवस चार्टर के स्थायी आदर्शों पर प्रकाश डालता है, जो 74 साल पहले लागू हुए थे। उन्होंने जोर देकर कहा कि चार्टर,  तूफानी वैश्विक समुद्रों के बीच, हमारा साझा नैतिक लंगर बना हुआ है”।

Photo: Dr. Daisaku Ikeda. Credit: Seikyo Shimbun.

「那由最大人數所共享的事物,卻只得到最少的照顧」亞里士多德的這項觀察,凸顯了一個極為普遍的人性傾向。他的警語至今仍舊貼切,尤其是在我們對抗氣候變遷的奮戰中。

2015年12月通過的《巴黎協定》是一個國際性的框架,旨在使各國加強努力,以減緩全球暖化,然而就如同聯合國秘書長安東尼奧‧古特雷斯提出的警告:「氣候變遷的進展超過我們因應全球暖化的速度」,並且正在對人類的基本生存造成威脅。光是今年,就有一波波強烈熱浪席捲了歐洲以及印度,創歷史新高的溫度也出現在北極圈的阿拉斯加和西伯利亞。

Page 1 of 44

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2019

Mapting

MAPTING

Fostering Global Citizenship

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.