NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Photo: Pope Francis delivering his inaugural keynote speech at the Seventh Congress of Leaders of World and Traditional Religions in the Kazakh capital on September 14. Credit: Katsuhiro Asagiri | INPS-IDN Multimedia Director

【アスタナIDN=カリンガ・セネビラトネ】

ローマ法王フランシスコが、東西をつなぐ新たなルート(道筋)の中心として中央アジアのカザフスタン共和国が台頭してくる見通しを提起した。しかし今回は、人間関係と尊重を基盤としたルートの話である。

カザフスタンはかつて、シルクロードと呼ばれる、東西をつなぐルート(交易路)を通る貿易商や旅人たちが出会う場所だった。この21世紀にあっては、中国が「一帯一路」構想として知られる鉄道や高速道路網を通じた新たなシルクロードを構築しようとしている。

カザフスタンの首都ヌルスルタン(17日にアスタナに改称)で第「7回世界伝統宗教指導者会議」が9月14日に開会されるにあたって、ローマ法王は、人間を純然たる物質的な欲望の追求から引き離すこうしたルート(道筋)に新たな定義を与えた。

ローマ法王は「私たちは、かつて隊商たちが数世紀にわたって旅してきた国に集っています。この土地では、とりわけ古代のシルクロードを通じて、多くの歴史や思想、宗教的信条、希望が交錯してきました。」「カザフスタンが再び、遠くからやってきた人々の出会いの地となりますように。」と、50カ国以上から参加した主に宗教指導者から成る約1000人の聴衆に語り掛けた。

Image credit: United Nations

【国連IDN=タリフ・ディーン】

9月6日に国連が開催した「平和の文化」に関するハイレベルフォーラムは、世界に明確なメッセージを送った。

今回のハイレベルフォーラムは、主権国家であるウクライナが、世界最大の核保有国の一つであり国連安保理の常任理事国であるロシアによって蹂躙されているときにあって、平和の重要性を強調した。

同時に、シリアやイエメン、イラク、エチオピア、リビア、ミャンマーで発生している数多くの軍事紛争と終わりなき内戦においてもまた、平和的解決と政治的安定性が待ち望まれている。

国連の「趣旨説明」によると、今年のハイレベルフォーラムは「様々な場所において暴力と紛争が継続し拡大する状況を世界が目の当たりにする中で」開催されたものだ。

Image: A collage of Tim Peake, an astronaut of the International Space Station by the British/European Space Agency (timpeake.com), with a special apple tree grown from seeds taken into space. The tree was planted on the Vienna International Centre (VIC) grounds on 26 September 2021 to inspire future generations of space scientists.

【ウィーンIDN=オーロラ・ワイス】

若きアイザック・ニュートンは、神秘に満ちた宇宙のことを考えながらリンゴの木の下に座っていた、という伝説がある。突然、リンゴが彼の頭の上に不意に落ちてきて、彼はひらめいた。いわゆる「アハ体験」である。頭の中に稲光が落ちて、ニュートンは、リンゴを地面にぶつけたのと同じ力が、月を地球に、地球を太陽に引き寄せるものと同じものだと、彼は一瞬にして理解した。これが、彼の著作『自然哲学の数学的原理』(1869年)でデビューした、現実の「空間事情」の話である。

「上にあがったものは落ちてくる」という法則に導かれて、この理論の魔法のような事例が、ウィーン国際センター(VIC)の前庭で育っている。宇宙に持っていかれたリンゴの種から育った木が国連宇宙部(UNOOSA)によって植えられ、将来の宇宙科学者たちにインスピレーションを与えている。

Photo: Female lawmakers make up 34.57% of Zimbabwe’s Ninth Parliament. Credit: ZimFact

【ムタレIDN=ファライ・ショーン・マティアシェ】

ジンバブエの若い女性たちが家父長制的で男性支配的な政治の世界でのし上がっていこうとする際、オンライン上のいじめ(=ネットいじめ)や性的ハラスメントが問題となる。

若くカリスマ性があるネルソン・チャミサが率いる野党「変革のための市民連合(CCC)」に関する議論として始まったこの問題は、最終的には、CCCのファドザイ・マヘレ広報担当が与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線「ザヌPF」支持者からのネットいじめを巡る法廷闘争に打って出るという展開になっている。

Photo: Farmer House—Indo-Fijian cane farmer's house (on top) and abandoned house and property (in foreground) after the expiry of the land lease.

【スバIDN=カリンガ・セネビラトネ】

サトウキビは南太平洋諸島原産の作物だと思われているが、実は19世紀後半にフィジーで商品作物として栽培を始めたのは英国人である。1879年からの37年間で、7000マイル以上も離れたインドから約60万人がプランテーションの契約労働者としてフィジーに送り込まれた、5年契約でほぼ無給に近かった。

労働者らは契約が終了すれば故郷に戻ることはできたが、帰りの旅費を自費で賄うことができないため、ほとんどの人がその道を選ばなかった。多くの労働者が小規模な土地を借りてサトウキビを育て、自活していった。英国は、彼らから土地所有の権利を奪う現地の土地権利制度を導入した。

图片。英国/欧洲航天局(timpeake.com)的国际空间站宇航员蒂姆-皮克与一棵由带入太空的种子培育的特殊苹果树的拼贴画。这棵树于2021年9月26日种植在维也纳国际中心(VIC)的场地上,以激励未来几代的太空科学家。

不久将任命一位新的UNOOSA负责人

作者:Aurora Weiss

维也纳(IDN)--传说中,年轻的艾萨克-牛顿坐在一棵苹果树下,沉思着神秘的宇宙。突然--"啵!"--一个苹果意外地打在他的头上。他经历了他的 "aha时刻!"。在一瞬间,他明白了使苹果撞向地面的力量也使月亮向地球坠落,地球向太阳坠落的力量:重力。我们正在谈论实际的空间事务,这在他的《自然哲学的数学原理》(1869)一书中首次亮相。

在法律的约束下,"上有政策,下有对策",这一理论的一个神奇的例子在维也纳国际中心(VIC)前面的院子里生长。联合国外层空间事务处(UNOOSA)正在种植一棵特殊的苹果树,其种子被带入太空,以激励未来的太空科学家。

Imagen: Un collage de Tim Peake, astronauta de la Estación Espacial Internacional por la Agencia Espacial Británica/Europea (timpeake.com), con un manzano especial cultivado con semillas llevadas al espacio. El árbol se plantó en los terrenos del Centro Internacional de Viena (CIV) el 26 de septiembre de 2021 para inspirar a las futuras generaciones de científicos espaciales.

Pronto se nombrará un nuevo jefe de la UNOOSA

Por Aurora Weiss

VIENA (IDN) - Cuenta la leyenda que un joven Isaac Newton estaba sentado bajo un manzano contemplando el misterioso universo. De repente - "¡boink!"- una manzana le golpeó inesperadamente en la cabeza. Experimentó su "¡momento aha!". En un instante comprendió que la misma fuerza que hizo que la manzana se estrellara contra el suelo también mantiene a la luna cayendo hacia la Tierra y a la Tierra cayendo hacia el sol: la gravedad. Se trata de asuntos espaciales reales en la práctica, que debutaron en su libro Principios matemáticos de la filosofía natural (1869).

Photo: The Group of Summit leaders. Credit: Sera Tikotikovatu-Sefeti.

【スバ(フィジー)IDN=セラ・ティコティコバトゥ=セフェティ】

3年ぶりに集まった太平洋諸国の指導者らが、7月11日から14日にかけて開かれた第51回「太平洋諸島フォーラム」で「青い太平洋戦略2050」を採択した。

今回の会合の議長を務めたフィジーのジョサイア・ヴォレンゲ・バイニマラマ首相は「この戦略の成功は2つのことにかかっている。第一に指導者が責任を取ること、第二に民衆もまた責任を負っているということだ。」と語った。

तस्वीर: किसान का घर- लीज की समाप्ति के बाद इंडो-फिजियन गन्ना किसान का घर (शीर्ष पर) और परित्यक्त घर और संपत्ति (आगे के भाग में)

Kalinga Seneviratne द्वारा

सुवा, फिजी (IDN) —हालांकि गन्ना दक्षिणी प्रशांत क्षेत्र के द्वीप-समूहों के लिए स्वदेशी माना जाता है, लेकिन वो अंग्रेज थे जिन्होंने 19वीं सदी के उत्तरार्ध में इसे एक नगदी फसल के रूप में उपजाना शुरू किया था। 1879 की शुरुआत में 37 सालों की अवधि के दौरान, वे नए तौर पर स्थापित खेती के लिए 5 साल के अनुबंध पर नाम मात्र या बिना वेतन के गिरमिटिया मजदूरों की तरह काम करने के लिए लगभग 60,000 भारतीयों को उनके घरों से 700 मील से भी ज्यादा दूरी पर लेकर आए।

Page 1 of 72

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2022

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.