NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Photo: A woman selling locally grown rice in a market in Luang Prabang. Credit: Kalinga Seneviratne".

【シンガポールIDN=カリンガ・セネビラトネ】

中国とラオス間を結ぶ全長414キロの新高速鉄道線が「陸の孤島」であったラオスを東南アジア地域に連結し、貿易と観光を促進することを可能にした。新線は中国からシンガポールへの鉄道の旅と陸上輸送を促進し、その結果、南シナ海経由の地域貿易の重要性は低下することになるかもしれない。

59億ドルをかけて建設された鉄道は、中国の習近平国家主席の「一帯一路」構想の支柱の一つであるが、同時にラオスにとっても、同国を内陸国(Land-Locked)から東南アジア大陸部の連結国(Land-Linked)経済に転換し、内陸・山岳国家ゆえの遅れを克服しようとする同国の戦略ビジョンの一環でもある。

Photo: UNMAS, MINUSMA Mark International Day for Mine Awareness. Robots have been deployed for mine clearance by military authorities in many countries, but concerns are rising over regulation of autonomous weapons which use Artificial Intelligence. UN Photo/Marco Dormino

【ニューヨークIDN=タリフ・ディーン】

20年に及んだ戦争の後、8月31日に米軍が最後の兵をアフガニスタンから撤退させた。ワシントンがこれに込めたメッセージは明確だ。今後の全ての紛争における「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」(地上軍派遣)を米国は抑制するというものだ。もっとも、現在でもまだ、中東全域に4万人以上の米兵が展開している。

しかし、将来の波は、特に世界中のテロ集団に対する「影の戦争」で使用される「殺人ロボット」がもたらすかもしれない。そのほとんどがドローンや無人航空機(UAV)である。

米軍は8月29日、誤ってISIS-Kのアジトとされた場所に対して、ドローンからヘルファイアミサイル1発を撃ちこんだ。児童7人を含む10人の民間人が殺害された。米国防総省は「悲劇的な過ち」と述べたが、この民間人殺害に関して処罰を受けた者はいない。

Fotoğraf: UNMAS, MINUSMA Uluslararası Mayın Bilincini Geliştirme Günü.  Birçok ülkede mayın temizliği için robotlar sevk edilmektedir ancak yapay zekâ kullanmakta olan otonom silahların kontrolüyle ilgili endişeler giderek artmaktadır. BM Fotoğraf/Marco Dormino

Yazar: Thalif Deen

NEW YORK (IDN) — ABD'nin 20 yıldır süren ölümcül savaşın ardından 31 Ağustos'ta Afganistan'daki son birliklerini çekmesiyle Washington'dan gelen mesajlardan biri çok netti: Şu an hâlâ Orta Doğu bölgesinde konuşlanmış 40.000'in üzerinde Amerikan askeri olsa da ABD gelecek çatışmalarda bölgedeki "asker sayısını" azaltacaktır.

사진: UNMAS, MINUSMA Mark 국제 지뢰 인식의 날 그동안 많은 국가의 군 당국에서 지뢰 제거를 위해 로봇을 배치했지만 인공 지능을 사용하는 자율무기 규제에 대한 우려는 커지고 있다. UN 사진/Marco Dormino

탈리프 딘

뉴욕(IDN) — 미국이 20년에 걸친 치명적인 전쟁 후 8월 31일 아프가니스탄에서 마지막 병력을 철수하면서 워싱턴에서 나오는 메시지 중 하나는 분명했다. 미국은 중동 주변에 여전히 40,000명 이상의 미군이 주둔하고 있음에도 불구하고 미래의 모든 분쟁에서 "지상 전투"를 줄일 것이다.

한편 향후 흐름은, 특히 전 세계의 테러리스트 그룹에 대해, 대부분 드론 또는 무인 항공기(UAV) 배치 등의 '킬러 로봇'을 이용한 "그림자 전쟁"의 양상이 될 것이다.

Photo: A woman selling locally grown rice in a market in Luang Prabang. Credit: Kalinga Seneviratne".

作者:Kalinga Seneviratne

新加坡(IDN) — 连接中国和老挝的414公里新高速铁路开通,多山的内陆国家老挝与该地区的通路终于打开,使贸易和旅游业获得扩展至整个东南亚的机会。这条路线在技术上促进了从中国到新加坡的铁路运输和陆路贸易,这可能使南中国海对区域贸易的重要性降低。

这条铁路耗资59亿美元,是中国国家主席习近平的一带一路倡议(BRI)核心板块之一,同时也是老挝战略愿景的一部分;由于老挝为多山的内陆国家,导致发展滞后,该国的战略愿景是克服此问题,从内陆经济转到“土地掛钩”经济。

Photo credit: World Access to Higher Education Days.

【シドニーIDN=カリンガ・セネビラトネ】

コロナ禍後の世界をより良いものにしたければ、高等教育システムをより柔軟で利用しやすいものにする必要がある。また政府が、より平等で安定した社会を作りたければ、公立大学への資金拠出が不可欠であることを理解しなくてはならない―これが「世界高等教育アクセスデー」(WAHED)からの明白なメッセージである。11月17日、「2030年の大学はどこに行くのか」と題したオンライン会議がロンドンをホストに開催された。

高等教育部門はコロナ禍により大きな被害を受け、その構造はオンライン学習の登場によって大きく変わってしまった。しかし、このことは高等教育へのアクセスと平等にとって極めて大きな問題を残した。平等な教育へのアクセスは持続可能な開発目標(SDGs)第4目標に盛り込まれているが、主として念頭にあるのは、高等教育よりも初等・中等教育である。

Image credit: COP26 | UNFCCC

【シドニーIDN=カリンガ・セネビラトネ】

温室効果ガスの約3分の1が農業や土地利用から出ているにも関わらず、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の最終コミュニケは、気候アクションと世界の食料システムとの関係について直接言及することをしなかった。世界食糧計画(WFP)が43カ国の最大4500万人が飢餓の危機にあると警告しているにも関わらず、である。

国連は、すでに30年近くにわたり(締約国会議を意味する)COPと呼ばれる年次気候サミットにほぼすべての国を招集してきた。グラスゴーで13日まで開催された今年の2週間に及ぶ会合はその26回目のもので、この21世紀の第一四半期の間に、気候変動は、環境保護派政党だけが懸念する些末な問題から、グローバル政治とメディアの注目の中心を占める問題となった。

Photo: The SGI (Soka Gakkai International), SGI-UK and the Centre for Applied Buddhism (CfAB) co-organized youth forum in Glasgow. Photo Credit: SGI-UK

【ロンドンIDN=クルト・レイノルズ】

英スコットランド・グラスゴーで開催中の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が終わりに近づく中、世界の指導者らが行った長期的なスパンでの誓約と大言壮語的な約束は終わるところを知らないようだ。その一部は2070年を目標としているものもある。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、エネルギーへのアクセスを2030年までに根本的に転換し、2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指すグローバル・ロードマップを発表した。

ロードマップは、2025年(今からわずか4年後)に5億人の人々が電気を利用できるようにし、さらに10億人がクリーンな調理法を利用できるようにするという、積極的なスケジュールを打ち出している。

फोटो क्रेडिट: वर्ल्ड एक्सेस टू हायर एजुकेशन डे।

कलिंग सेनेविरत्ने द्वारा

सिडनी (आईडीएन) — यदि हम महामारी के बाद के युग में एक बेहतर दुनिया बनाने जा रहे हैं तो उच्च शिक्षा (एचई) प्रणालियों को अधिक लचीला और सुलभ बनाने की आवश्यकता है, और सरकारों को यह समझने की जरूरत है कि अधिक न्यायसंगत और सामाजिक रूप से स्थिर समाजों के निर्माण के लिए सार्वजनिक विश्वविद्यालय क्षेत्र का वित्त पोषण आवश्यक है।

यह वह संदेश है जो वर्ल्ड एक्सेस टू हायर एजुकेशन डे (डब्ल्यूएएचईडी) से स्पष्ट रूप से सामने आया है — लंदन से समन्वित और 17 नवंबर को आयोजित किया गया एक दिवसीय आभासी सम्मेलन, जिसका शीर्षक था "2030 में विश्वविद्यालय कौन जाएगा?"।

 图片来源:世界高等教育普及日

 作者:Kalinga Seneviratne  

 悉尼 (IDN) — 如果我们要在疫情后时代创造一个更美好的世界,高等教育系统就需要更加灵活,更普及大众,而且需要让政府认识到资助公立大学部门是创造更公平、更稳定社会的必然要求。   

 这是世界高等教育普及日 (WAHED) 明确传达的信息,这是一场为期一天的虚拟会议,由伦敦负责协调并于 11 月 17 日举行,主题为“2030 年,谁会上大学?”。 

Page 1 of 65

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2021

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.