NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Photo: Prime Minister of Fiji addressing the UN General Assembly virtually on September 25, 2021. Source: PM's official Website.

フィジー共和国のジョサイア・ボレンゲ・バイニマラマ首相は現在、太平洋諸島フォーラム(18カ国)の議長を務めている。オンラインで開催された国連総会で9月25日に演説した同首相は、国際社会に対して、人類のために、より良く、よりグリーン(環境にやさしく)で、よりブルー(海の保全と開発の両立)な、そしてより安全な未来をというフィジーのビジョンを共有するように求めた。

【スバIDN=ジョサイア・V・バイニマラマ】

今年の国連総会で発表された国連報告書は『我々の多国間の挑戦:国連2.0』である。つまり、より良く、よりグリーン(環境にやさしく)で、より安全な未来に向けた青写真を示したものだが、私はここに「よりブルー(海の保全と開発の両立)な(未来)」を付け加えたい。

私たちはフィジーのためのこのような未来を望んでいる。つまり、自然に抗うのではなく共生する市民たちが住む島々、そして、クリーンエネルギーによって気候変動の影響から守られた、持続可能な経済成長を望んでいる。

Photo: Asian Nobel prize winner, Muhammad Amjad Saquib, the founder of Pakistan’s biggest community development network Akhuwat. Credit: Akhuwat.

【シドニーIDN=カリンガ・セネビラトネ】

「アジアのノーベル賞」として知られる「ラモン・マグサイサイ賞」の今年の5人の受賞者のひとりがムハンマド・アムジャド・サキブ博士である。分かち合いと兄弟愛のイスラム的原則を基礎としたパキスタン最大の地域開発ネットワーク「アクワット」の創始者である。

2001年に設立されたアクワットは、無利子のマイクロファイナンスによって数十万という貧困世帯を支援してきた。イスラム法では融資に利子をつけることが禁じられているが、困っている人を助けるために自分の富の一部分を分けておくことを奨励する教えがこのモデルの促進に一役買っている。

「これはまさにイスラムの開発モデルだ。」とパキスタンの国際開発専門家であるファティマ・シャーは語った。「融資が信頼を基盤にしており、共同体の感覚を養う集団的融資のオプションを促進する無利子金融モデルは、イスラムの中核的な価値観に根差したものだ。」

Photo: Bhikkhu Bodhi. Source: Buddhistdoor

【ニューヨークIDN=ビク・ボーディ】

釈迦は、どのような問題であれ、それを解決しようとするならば、根底にある原因を取り除く必要があると説いた。釈迦自身はこの原則を、生きていくうえでの苦しみを終わらせることに適用したが、私たちの生活の社会的・経済的次元で直面している難題の多くに対応する際にこの同じ方法を使うことができる。

人種的な不公正であれ、あるいは経済的な格差や気候変動であれ、これらの問題を解決するには、表層の下へと掘っていって、問題の根っこから断たねばならない。

Image credit: United Nations

【ニューヨークIDN=タリフ・ディーン】

国連は、76年前の創設以来、国際の平和と安全の維持という主要な任務に力を入れてきた。

しかし近年、国連の任務は、平和維持、平和構築、核軍縮、予防外交、さらに最近では「平和の文化」にまで広がってきている。

Credito immagine: Nazioni Unite

di Thalif Deen

NEW YORK (IDN) — Fin dalla sua creazione 76 anni fa, le Nazioni Unite si sono occupate di uno dei suoi mandati primari, vale a dire il mantenimento della pace e della sicurezza internazionali.

Ma nel corso degli anni, quel mandato è stato esteso per includere il mantenimento e la costruzione della pace, il disarmo nucleare, la diplomazia preventiva e, più recentemente, una cultura della pace.

Bildnachweis: Vereinte Nationen

Von Thalif Deen

NEW YORK (IDN)- Seit ihrer Gründung vor 76 Jahren sind die Vereinten Nationen mit einem ihrer wichtigsten Mandate beschäftigt, nämlich der Wahrung des Weltfriedens und der internationalen Sicherheit.

Im Laufe der Jahre wurde dieses Mandat jedoch auf die Bereiche Friedenssicherung, Friedenskonsolidierung, nukleare Abrüstung, präventive Diplomatie und in jüngster Zeit auch auf eine Kultur des Friedens ausgeweitet.

Photo: Kabul skyline, displaying both historical and contemporary buildings. CC BY-SA 3.0

【ニューヨークIDN=J・ナストラニス】

国連は、多様性・寛容・尊厳といった価値を促進し、女性や若者、個人、地域をエンパワーし、保健や教育、社会的包摂といった目的に貢献する力がスポーツにはあると信じている。日本の国連広報センターは、「スポーツがつなぐ世界 SDGsを前へ」をテーマとした「SDG Zone at Tokyo」というキャンペーンを立ち上げた。

最初の3つのセッションである「開発と平和のためのスポーツ」「持続可能性・気候行動のためのスポーツ」「ジェンダーとスポーツから考える多様性」は、7月28日から30日にかけて行われた。「パラアスリートが語る『スポーツと可能性』」「スポーツの『進化』を通じた社会デザイン」「次世代に残るレガシー、2020からその先の社会のために」は8月25日から27日にかけて行われる。

Image: Three of the major groups of islands in the Pacific Ocean: Micronesia, Melanesia, and Polynesia. Source: Wikimedia Commons.

【シドニーIDN=カリンガ・セネビラトネ】

気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が出した最も包括的な報告書が、海水面と気温の上昇によって島々が水没し居住空間が失われかねない太平洋地域の国々に厳しい警告を発した。しかし、オーストラリアとニュージーランドというこの地域2大国の反応は、即座に地域を救う行動に移るというよりも、自己弁護に終始するものだった。

温暖効果ガス削減のための行動をとるように環境運動からプレッシャーを受けている豪州のスコット・モリソン首相は次のように反応した。「計画もなしに(温暖効果ガスを減らすための)目標に関して豪州が白紙委任することはない。豪州は新たな技術をもって問題に対処する。」しかしこの発言については、豪州が新たなグリーン技術を世界に売り込めるようになるまでの単なる時間稼ぎ戦略ではないかとの見方もある。

Photo: South Sudanese refugee, Yiech Pur Biel, runs the 800-metres for the Refugee Olympic Team in Rio. (August 2016) © UNHCR/Benjamin Loyseau

بقلم ج. ناسترانينز

نيويورك (IDN) - الأمم المتحدة مقتنعة بأن الرياضة تعزز قيمًا مثل التنوع والتسامح والاحترام وتساهم في تمكين النساء والشباب والأفراد والمجتمعات، فضلاً عن أهداف الصحة والتعليم والاندماج الاجتماعي. من هذا المنطلق، أطلق مكتب إدارة الاتصالات العالمية بالأمم المتحدة على المستوى القطري منطقة أهداف التنمية المستدامة في طوكيو، بعنوان "العمل الجماعي من خلال الرياضة لتعزيز أهداف التنمية المستدامة".

Fotografia: O refugiado sul-sudanês, Yiech Pur Biel, corre os 800 metros pela Equipa Olímpica de Refugiados no Rio de Janeiro. (Agosto de 2016) © ACNUR/Benjamin Loyseau

Por J Nastranis

NEW YORK (IDN) - As Nações Unidas estão convencidas de que o desporto promove valores como a diversidade, tolerância e respeito e contribui para o empoderamento das mulheres e dos jovens, indivíduos e comunidades, bem como para a saúde, educação e para os objetivos de inclusão social. Com este mote, o gabinete do Departamento de Comunicação Global da ONU a nível do país iniciou a Zona ODS (Objetivos de Desenvolvimento Sustentável) em Tóquio, intitulada "Juntar-se no desporto para que os ODS progridam".

Page 1 of 62

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2021

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.