NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Image credit: World Bank

【ワシントンIDN=キャロライン・ムワンガ】

新型コロナウィルスのパンデミック(世界的な大流行)によって影響を受けた経済の立て直しを図りつつも、環境にやさしく、強靭で、包摂的な将来の基礎を築くことはできる。これは、世界銀行・国際通貨基金(IMF)グループが4月5日から11日にかけて開いたオンライン会議でのメッセージである。世銀のデイビッド・マルパス総裁が、新型コロナや気候変動、拡大する貧困や不平等、強まる不安定感や暴力など、世界が直面している大きな問題について、『経済復興:環境にやさしく、強靭で、包摂的な将来に向けて』の中で述べている。

米国のジャネット・イエレン財務長官は、世界の復興を支援し続けるよう先進国に求めた。また、開発目標に加えて、気候関連の目標に途上国が達することができるような支援の重要性を強調し、グリーンファイナンスが利用可能であるかどうかがカギを握ると述べた。

Crédito da Imagem: Banco Mundial

Por Caroline Mwanga

WASHINGTON (IDN) — Enquanto planeiam a reconstrução das economias após a pandemia do COVID-19, os países fariam bem em lançar as bases para um futuro verde, resiliente e inclusivo. Esta foi a mensagem das Reuniões virtuais da Primavera do Banco Mundial-Fundo Monetário Internacional (FMI), de 5 a 11 de abril de 2021. O Presidente do Grupo do Banco Mundial, David Malpass, descreveu os principais desafios com que o mundo se depara, incluindo o COVID, as mudanças climáticas, o aumento da pobreza e desigualdade e a fragilidade e violência crescentes como parte da ênfase na Economic Recovery: Toward a Green, Resilient, and Inclusive Future (Recuperação Económica: Para um Futuro Verde, Resiliente e Inclusivo).  

图片来源:世界银行

作者:Caroline Mwanga

华盛顿(IDN)—各国在规划新冠疫情后重建经济的同时,还要为打造一个绿色、富有韧性和包容性的未来打下基础。这是2021年4月5日至11日世界银行-国际货币基金组织 (IMF)网络春季会议发出的信息。世界银行行长戴维·马尔帕斯(David Malpass)指出,应对世界面临的主要挑战,包括新冠病毒、气候变化、不断加剧的贫困和不平等加剧以及日益严重的脆弱性和暴力行为,是实现经济复苏 的重点:走向绿色、富有韧性和包容性的未来

美国财政部长珍妮特·耶伦(Janet Yellen)鼓励发达国家继续支持全球复苏。她还强调了帮助发展中国家在实现其发展目标的同时实现其气候目标的重要性,并补充说,提供绿色融资将至关重要。

Photo: Dr Wim Naudé, Professor of Economics at the Department of Economics with the Cork University Business School in Ireland with the image of AfCFTA from African Union website.

【ブラワヨ(ジンバブエ)IDN=バサニ・バファナ】

長らく待ち望まれていたアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)が1月1日に発効した。規模的には世界で最大の自由貿易地帯となる予定であり、アフリカの貿易新時代が約束されている。

世界銀行によれば、アフリカ全体の自由貿易協定は、大きな改革と貿易促進措置が伴うならば、2035年までに圏内の総収入を4500億ドル増やし、3000万人を極度の貧困から救う可能性がある。自由貿易地帯は、完全に運用がなされるようになると、12億人規模の市場となり、GDPの合計は2.5兆ドルとなる。

Photo: Food systems in Africa have been adversely impacted by climate-induced shocks, conflicts and most recently, COVID-19. © FAO/Petterik Wiggers

【ニューヨークIDN=J・ナストラニス】

新型コロナウィルス感染症のパンデミックは、世界の最も貧しい国々に極めて深刻な状況をもたらしている。60以上の国連機関および国際機関が発表した「持続可能な開発に向けた資金調達報告書2021」は、コロナ禍によって持続可能な開発目標(SDGs)の達成がさらに10年は遅れることになると警告している。パンデミックのために世界経済はこの90年で最悪の景気後退を経験しつつある。

このことは、最も社会的に弱い立場の人々に特に悪影響を与えている。推定1億1400万人が職を失い、約1億2000万人が極度の貧困に陥った。

Bild: Dr. Wim Naudé, Professor für Wirtschaftswissenschaften am Department of Economics an der Cork University Business School in Irland mit dem Bild der AfCFTA von der Website der Afrikanischen Union.

Von Busani Bafana

BULAWAYO, Simbabwe (IDN) — Die lang erwartete Afrikanische Kontinentale Freihandelszone (AfCFTA) — die flächenmäßig größte Freihandelszone der Welt —, die am 1. Januar 2021 in Kraft trat, verspricht eine neue Ära für den afrikanischen Handel.

Ein afrikaweiter Freihandelspakt könnte das Einkommen der Region um 450 Milliarden Dollar steigern und bis 2035 30 Millionen Menschen aus der extremen Armut befreien, wenn er von bedeutenden politischen Reformen und Maßnahmen zur Handelserleichterung begleitet wird, so die Weltbank. Wenn die Freihandelszone voll funktionsfähig ist, wird sie einen Markt von 1,2 Milliarden Menschen schaffen und ein kombiniertes BIP von 2,5 Billionen Dollar erwirtschaften.

ภาพ: ระบบอาหารในแอฟริกาได้รับผลกระทบทางลบจากความเปลี่ยนแปลงทางสภาพภูมิอากาศ ความขัดแย้ง และ COVID-19 เมื่อล่าสุดนี้ © FAO/Petterik Wiggers.

โดย J Natranis

นิวยอร์ก (IDN) - การแพร่ระบาดของโควิด -19 ได้ก่อให้เกิดสถานการณ์ที่น่าหนักใจอย่างยิ่งในประเทศที่ยากจนที่สุดในโลก Financing for Sustainable Development Report 2021 (รายงานการจัดหาเงินทุนเพื่อการพัฒนาที่ยั่งยืนปี 2021) โดยหน่วยงานสหประชาชาติและองค์กรระหว่างประเทศมากกว่า 60 หน่วยงานได้กล่าวว่าการแพร่ระบาดอาจทำให้การบรรลุเป้าหมายการพัฒนาที่ยั่งยืน (SDGs) ช้าไปอีก 10 ปี

Fotoğraf: Afrika’daki gıda sistemleri iklim kaynaklı şoklardan, uyuşmazlıklardan ve son zamanlarda COVID-19’dan olumsuz bir şekilde etkilendi. © FAO/Petterik Wiggers.

Yazar: J Natranis

NEW YORK (IDN) — COVID-19 pandemisi, dünyanın en yoksul ülkelerinde son derece sıkıntılı bir durumu tetikledi. Sürdürülebilir Geliştirme Hedeflerinin başarısının on yıl daha devam etmesini tehdit ediyor, Sürdürülebilir Kalkınma Finansman Raporu 2021 konusunda 60’tan fazla Birleşmiş Milletler Acentesi ve uluslararası örgütten uyarı alıyor.

Photo: The jobless in Malaysia. Source: Malay Mail.

【ジュネーブIDN=ジャヤ・ラマチャンドラン】

100年に一度の危機ともいわれる、新型コロナウィルスのパンデミックがもたらした大不況が、2020年の世界経済を直撃した。パンデミックは地球上のあらゆる場所に拡散し、これまでに1億2000万人以上が感染し、270万人近い人々が死亡した。

高い失業率と収入源の喪失により数多くの人々が貧困に陥っている。貧困下に暮らす人々の数は、2020年だけでも1億3100万人も増加したと見られている。このまま推移すれば2030年時点で、依然として7億9700万人が極度の貧困下にあるものと予想されるが、これは世界の全人口の9%にあたる。

Page 1 of 58

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2020

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.