NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

SDGs for All

SDGs for All is a joint media project of the global news organization International Press Syndicate (INPS) and the lay Buddhist network Soka Gakkai International (SGI). It aims to promote the Sustainable Development Goals (SDGs), which are at the heart of the 2030 Agenda for Sustainable Development, a comprehensive, far-reaching and people-centred set of universal and transformative goals and targets. It offers in-depth news and analyses of local, national, regional and global action for people, planet and prosperity. This project website is also a reference point for discussions, decisions and substantive actions related to 17 goals and 169 targets to move the world onto a sustainable and resilient path.

Photo: Dr Poonchai Chitanuntavitaya, Chief Medical Officer of Social Health Enterprise, supervising his trainees while giving massages to visitors to the school for marginalised children, supported by a foundation set up by Princess Maha Chakri Sirindhorn, to empower the students to break into the medical field through an unconventional career path that is providing a multi-faceted approach to addressing the Sustainable Development Goals (SDGs).【챤타부리(타이북동부)IDN=카링가 세네비라토네】

타이 북동부의 한 농촌지역에는 사회적 으로도 의식이 높고 열심히 사는 한 의사가 사회로부터 소외된 어린이들을 위하여 학교에서 일을 하고있다. 이학교는 2016년10월에 타계한 푸미퐁국왕의 차녀인 마하 챠꾸리 씨린톤  왕녀가 설립한 재단이 지원하고있다.

이학교에는 새롭게 기대되는 직업훈련 커리큐럼을 통하여 의료계로  진출할수 있는 학생들을 지원하는 목적을 띄고있고  지속가능한 개발목표(SDGs)에 맞추어 다각적인 방법을 제공 하고있다.

Photo: Farmer Sittipong Yanaso at his durian farm. Credit: CCDKM.【チャンタブリIDN=カリンガ・セネビラトネ】

タイの農民たちが、近代情報通信技術(ICT)を利用した「スマート農場」の枠組みの下で、基本に立ち返ろうとしている。タイでは、王国の生命線である農業と小規模農家を将来にわたって持続可能なものとするために、(民の苦しみ、とくに精神的状況を和らげるための)仏教的原則を基礎とした「足るを知る経済(Sufficiency Economy)」哲学の下に農業を統合する取り組みが広がっている。

シティポン・ヤナソさんはIDNの取材に対して、多様な果実がよく茂ったドリアン・プランテーションで、「(同じ木から)より多くの果実を収穫するために化学肥料を使う農家もいますが、それだと3年から5年で幹が死んでしまいます。私たちは有機肥料を使うので、幹が30年はもちます。」と語った。

Photo: Farmer Sittipong Yanaso at his durian farm. Credit: CCDKM.【泰国尖竹汶IDN=Kalinga Seneviratne】

把现代信息通讯技术与佛教经典中的“自给自足”这一理念相融合,技术的进步为“智慧农场”的实现提供了良方。泰国政府希望在可预见的未来让“智慧农场”为泰国农业以及小规模农户的可持续发展提供动力。在“智慧农场”的帮助和指导下,泰国农民正让农业回归本色。

农民Sittipong Yanaso在他的多熟复种榴莲种植园中对IDN记者说:“一些农民为了扩大产量,给果树使用化学肥料。过量的化肥使得果树在3-5年之内就会死去。然而,我们在这里使用的是有机肥料,我们的果树也因此能存活30年之久。”

Photo: Dr Poonchai Chitanuntavitaya, Chief Medical Officer of Social Health Enterprise, supervising his trainees while giving massages to visitors to the school for marginalised children, supported by a foundation set up by Princess Maha Chakri Sirindhorn, to empower the students to break into the medical field through an unconventional career path that is providing a multi-faceted approach to addressing the Sustainable Development Goals (SDGs).【チャンタブリ(タイ北東部)IDN=カリンガ・セネビラトネ】

タイ北東部のこの農村地区で、熱心で社会的に意識が高いある医師が、社会から疎外された子どもたちのための学校で働いている。この学校は、2016年10月に崩御したプミポン国王の次女であるマハ・チャクリ・シリントーン王女が設立した財団が支援している。

この学校は、斬新な職業訓練カリキュラムを通じて医療の世界に参入する学生を支援することを目的としており、持続可能な開発目標(SDGs)に対処する多角的な取り組みを提供している。

Photo: A general view of the Vienna UN Conference. Credit: Robert Bosch AG/APA-Fotoservice/Schedl【ウィーンIDN=クリスタ・プライス】

しばしば見過ごされがちな安らぎなのだが、国連ウィーン事務局で提供される水は、市外の山々を源泉とした地元の水である。オーストリアでは、水が一つの誇りとなっている。この先進国の水部門は、良質な水を供給することはもとより、水や下水処理に関連した持続可能な運営に熱心に取り組んでいる。オーストリア国民や、国連ウィーン事務局の会議場をよく利用する人々にとって、こうした格別な水は当然のごとく手の届くところにある。

しかし、世界の大部分の人々にとって、こうした環境は望めないのが現実だ。急速な産業化と、急増し続ける世界の人口を背景に、水の需要が拡大する一方で供給が急速に減少している。世界人口のおよそ6割が安全なトイレあるいは汚水処理システムを利用できないでいる。さらに、約21億人が日々、飲料水として処理されていない水を利用している。

Photo: A general view of the Vienna UN Conference. Credit: Robert Bosch AG/APA-Fotoservice/Schedl【ウィーンIDN=ジュリア・ツィマーマン】

戦争とその本来的な危険を考える時に、まず思いつくのは、おそらく、戦場での死と、それに伴う人命の多大なる損失であろう。しかし、兵士だけが戦争の犠牲者ではない。民間人も大いに影響を受け、その影響は特に女性にとって壊滅的なものとなる。

国連ウィーン事務局で開催された国連システム学術評議会(ACUNS)ウィーン国連会議(1月10日~12日)に登壇した国連軍縮部のイスマイル・H・バラ軍縮部長は、紛争前、紛争中、紛争後の女性が直面する体系的な暴力に対応することは国際社会の責務だと語った。バラ軍縮部長は、2008年に国連コンゴ民主共和国ミッションの副司令官を務めたパトリック・ガマート将軍の言葉を引用して、「現代の戦争や紛争においては、兵士であることよりも女性であることの方がより危険だ。」と語った。

Aisha Shaaban sits in her wooden stall at Mchikichini market in Dar es Salaam waiting for her customers. She’s among women recently trained on women empowerment and how to avoid Gender violence. Credit: Kizito Makoye | IDN-INPS【ダルエスサラームIDN=キジト・マコエ】

アフリカ東部のタンザニアでは、女性たちは依然として社会の主流から取り残され、概してあまり期待されることのない役割に留め置かれている。彼女たちは、時として女性を生死の淵にまで追い込む偏った男性優位の体制の下で、しばしば、差別や、男性のパートナーからの暴力に苦しんでいるほか、自らの能力を十分に発揮しえないような様々な障害に直面している。

こうしたなか、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って、女性をエンパワーする様々な取り組みが実行に移されている。SDGsはとりわけ、女性のエンパワーメント教育保健サービスを利用する機会の拡大ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の確保、政治・経済分野の意思決定プロセスに女性が参画できる割合を拡大するよう訴えている。以下はタンザニアで現在実施されている、こうした方向を目指す取組を取材したものである。

Photo: Poverty in America Documentary 2017 on YouTube【트론트IDN=J・C・스렛슈】

미국 국민의 8명중 1명(약 4000만명 전인구의 12.7%정도)이  빈곤층이며 그중에 약 반인 1,850만명이 극도의 빈곤상태에 처해져 있다는 보고서가 제출되었다.

미국은 세계에서 가장 풍족하고 영향력이있고 기술혁신적으로도 진전되어있는 나라중의 하나이나「그런 부와 권력과 기술도 이와 같은 상황에 대처하기위하여 이용되지 않고있다. 」라고 필립 알스톤 교수는 전했다. 알스톤교수는「극도의 빈곤과 인권에관한 유엔 특별보고관」이고, 이러한 발언은 미국 전지역에2주일간 실정조사의 임무를 수행한후 조사결과 발표를 하였다.

Foto: Forum di Paesaggi Globali. Credito: Pilar Valbuena

Di Fabíola Ortiz

BONN (IDN) - Il degrado delle foreste e la perdita di biodiversità comportano un prezzo molto pesante per il clima e la vita delle persone. Il ripristino delle foreste è importante quando si tratta di aumentare la resilienza alle variazioni climatiche e garantire un ambiente sano per le generazioni future. Questo è stato il messaggio principale degli esperti e dei leaders che si sono incontrati a Bonn (19-20 dicembre 2017) per discutere un percorso più sostenibile per la preservazione ambientale.

"Dovremmo smettere di vedere le popolazioni indigene, le risorse naturali e le foreste come un problema. Potremmo vederli come una soluzione ", ha detto Robert Nasi, direttore generale del Center for International Forestry Research (CIFOR) che ha ospitato il Global Landscapes Forum;una grande piattaforma basata sulla scienza dell''uso sostenibile del territorio.

फोटो: दार एस सलाम में एमचिकिचिनी बाज़ार में अपने ग्राहकों की प्रतीक्षा में अपने लकड़ी के स्टाल पर बैठी आयशा शाबान। वह उन महिलाओं में से एक है जिन्हें महिला सशक्तिकरण और लैंगिक हिंसा से बचने के तरीके में हाल ही में प्रशिक्षित किया गया है। सौजन्य: किज़ितो मकोये | आईडीएन-आईएनपीएस

+किज़ितो मकोये द्वारा

दार एस सलाम (आईडीएन) – लैंगिक समानता को प्रोत्साहन देने के प्रयासों के बावजूद, तंज़ानिया में स्त्रियाँ और लड़कियाँ अब भी अधिकारहीन और मोटे तौर पर बेकार नागरिक हैं – जो एक पक्षपातपूर्ण पुरुष-प्रधान प्रणाली के कारण अक्सर पुरुष नागरिकों के भेदभाव और हिंसा का शिकार बनती हैं तथा उत्तरजीविता के कगार पर खड़ी हैं।

तथापि, संयुक्त राष्ट्र संघ के संधारणीय विकास लक्ष्यों (Sustainable Development Goals - SDGs) के अनुरूप स्त्रियों को सशक्त बनाने के लिए विभिन्न पहलें लागू की जा रही हैं, हालांकि उनको अब भी अपनी पूर्ण क्षमता तक पहुँचने से रोकने वाले अवरोधों का सामना करना पड़ रहा है।

अन्य चीजों में, SDG स्त्रियों के सशक्तिकरण, शिक्षा, स्वास्थ्य सेवा, उत्तम काम और राजनीतिक और आर्थिक निर्णय प्रक्रियाओं में उचित प्रतिनिधित्व का आह्वान करते हैं, तथा इस दिशा में इस पूर्व अफ्रीकी देश में फिलहाल जारी कुछ पहलें निम्नानुसार हैं।

Page 1 of 27

Newsletter

Striving for People Planet and Peace 2017

MAPTING

 


Please publish modules in offcanvas position.